情報セキュリティ基本指針

静銀コンピューターサービス株式会社

代表取締役社長  杉本 操

情報セキュリティ基本方針

静銀コンピューターサービス株式会社は、静岡銀行グループの一員として、基本理念である「地域とともに夢と豊かさを広げます」を実現するため、情報セキュリティ基本方針を定め、情報資産の安全管理に取組むことを宣言します。

   1.情報セキュリティ目的

弊社は、以下の情報セキュリティ目的を設定し、この目的を達成するための諸施策を確実に実施していきます。

【情報セキュリティ目的】

  • お客様からお預りする情報や情報システムをはじめ、弊社で取扱う全ての情報資産をセキュリティ上の脅威から保護する。
  • 情報セキュリティ事故を未然に防止する。
  • お客様との契約および法的または規制要求事項を尊重し、遵守する。

   2.情報セキュリティ管理体制の整備

弊社は、情報処理会社として、情報資産の機密性・完全性・可用性を確保するために、情報セキュリティ管理システムを適切に構築・運用し、お客様の信頼に応えていきます。

  3. リスク評価・対策実施

弊社は、機密性・完全性・可用性の観点から情報資産の評価基準を定め、脅威・脆弱性に対する管理状況を踏まえたリスク評価を定期的に実施し、これに基づく適切なリスク対策を講じます。

  4. 情報セキュリティ教育

弊社は、情報資産の適正な取扱いを徹底するため、経営陣および全ての従業者等に対して情報セキュリティ教育を実施 します。

  5. 事業継続管理

弊社は、情報処理システムの重大な故障や地震・災害等により事業活動が長期間中断することがないよう、物理的・技術的・組織的予防措置を講じるとともに、万一の事態に備えてコンティンジェンシープランを策定します。

  6. 事故等発生時の体制

弊社は、情報セキュリティに関する事故等が発生し、または発生の恐れがある場合、被害・影響の拡大を最小限に止め、または事故発生を未然防止するため、適切な報告連絡体制を整備します。

  7. 方針等の見直し

情報セキュリティ基本方針およびこれに基づく安全管理措置は、今後とも継続的に見直し改善に努めます。

各種お問い合せはこちら